故障した外付けハードディスクを復旧|クラウドやワードプレスとは

男性

転送業務を円滑化

社内風景

企業において、大容量ファイルの転送というのは煩雑で手間の掛かるものでした。なぜなら、ファイル転送手段となる電子メールには、大容量のファイルを添付することができないからです。多くの企業では、大容量ファイルの転送を行うためにファイルを分割し、複数の電子メールに添付して送信するといった転送手段を取ってきました。それは、転送する側もファイルを受信する側も面倒な転送手段です。また、電子メールというのは、セキュリティ性に不安があります。そのため、機密情報の転送には適していませんでした。近年、ファイル転送サービスと呼ばれる転送ツールの登場により、ファイル転送における様々な課題を解決することが可能となりました。
ファイル転送サービスというのは、GB単位の大容量ファイルの転送を行うことのできる転送ツールです。ファイルを受信する側に関しても、スムーズにファイルのダウンロードを行うことができる画期的なツールとなっています。また、大容量ファイルの転送を一回で行えるため、今まで掛かっていた業務負担を大幅に軽減することができるでしょう。セキュリティ性に関しても高い水準を誇っており、機密情報の転送にも適しています。誤送信が発生してしまった場合には、ファイル送信を無効にすることもできるのです。ファイル送信の無効というのは、受信先がファイルをダウンロードできなくなる機能です。この転送ツールは、そういったファイル転送機能の他に、ファイル共有機能も備え付けています。ファイル共有機能を利用することで、企業内の情報共有が円滑化され業務効率の向上も実現できるでしょう。